機械式時計を長持ちさせるためのお手入れ方法

機械式時計のお手入れ方法

機械式時計は電池式の時計に比べると、時刻の正確さなどの機能面では劣りますが、毎日ぜんまいを巻いて使用するため、愛着を感じ、愛好家が多いのが特徴です。機械式時計は比較的お値段が高めですが、正しいお手入れをすることで、きれいな状態を維持したり、寿命を延ばすことが出来ます。機械式腕時計は文字盤が汚れやすいため、鹿皮の布や眼鏡拭きなどを使って、皮脂の汚れを落とせます。内部の構造が大変デリケートなので、水拭きは絶対に避けましょう。

機械式時計のオーバーホール

機械式時計はカチカチとした優しい音が癒し効果があります。毎日ぜんまいを巻くのが楽しいという人も多いです。しかし、大変デリケートな精密機器なので、定期的に分解、洗浄をしてもらう必要があります。専門的な知識を持っている職人に、オーバーホールを依頼することで、油をさしてもらったり、内部の汚れを取り除いてもらえます。部品が老朽化している場合は、交換をしてもらうと時計の寿命を延ばせます。人気の高い専門店を利用すると、適正な費用でオーバーホールをしてくれます。2、3年に一回程度依頼するのがお勧めです。

機械式時計のベルトのお手入れ

機械式時計は大変デリケートなので、普段から大切に取り扱う必要がありますが、ベルトは皮脂や汗などで汚れが付きやすいです。金属性のベルトの場合は、時計と取り外して汚れを拭き取ったり、超音波洗浄機などで洗うときれいに汚れが落ちます。革製のベルトを使用している人は、同じベルトを長期間使わないことも大事です。革製のベルトを長持ちさせるためには、専用のクリームを使って保護をするのもお勧めです。自宅でお手入れをすると、きれいな状態が維持できます。

ウブロは老舗の高級時計メーカーですが、サッカーの試合時間経過表示を始めとしたスポーツの試合でブランドのPRを行っており、新規顧客層の拡大を図っています。