知って賢く利用する!電子タバコのメリット・デメリット

電子タバコのメリットとは

電子タバコは喫煙者の間でも人気が出てきていますが、健康面だけではなく、複数のメリット・デメリットを理解しておくといいでしょう。
電子タバコは通常のタバコと異なりタバコの葉や紙が燃焼する煙ではなく、水蒸気が発生します。そのため、悪臭や有害な物質が非常に少なく、周囲の人に受動喫煙させる可能性が低いです。また、電子タバコ1セットと、通常のタバコを1カートン購入するのでは、倍以上の価格の違いがあります。喫煙による経済的な負担が少ないのもメリットといえるでしょう。
何よりも、電子タバコは通常のタバコと違って肺疾患を引き起こす可能性が非常に低いです。タールや一酸化炭素が一切含まれていないため、通常のタバコよりは健康に対するリスクが少ないといえるでしょう。

電子タバコのデメリットとは

電子タバコは従来のタバコと比較してメリットが大きいといわれていますが、全くデメリットがないかといわれるとそうではありません。デメリットを知り、リスク回避を行うことが喫煙者としてモラルのある行動といえるでしょう。
デメリットとしては、通常のタバコとは味が違うため、違和感を感じる人がいることです。今までの味を求める人にとっては物足りなく感じる場合も少なくありません。
また、子供やペットが電子タバコのリキッドを誤飲し、病院に搬送されることもあるといいます。電子タバコの保管場所は子供やペットの手の届かない場所にしてください。
なお、販売している企業によって品質にばらつきがあるのもデメリットのひとつです。安全性や品質が安定している企業の物を選んで利用してください。

電子タバコにはいくつかの種類があり、機能や価格、デザインなど豊富なラインナップから自由に選ぶことができます。